Workaholicの最近のブログ記事

2011年3月24日

ハングリーであれ!馬鹿でもいいんだ!!

3月11日(金)に発生致しました三陸沖を震源とする東北地方太平洋沖地震により、
被害にあわれた皆様に心からお見舞い申し上げますと共に、
一刻も早い復興を心よりお祈り申し上げます。

前職で大変お世話になった奈良県の販売店の部長様に、会社最寄り駅でバッタリ。

私は全然気が付いていなかったのですが・・・

「Dasaiくん」

と声を掛けて頂き、嬉しいのと、懐かしいのと。
一言二言の会話でしたが、とてもお元気そうで何よりでした。

そのまま、その事を前職の課長へメール。
帰って来た返信が・・・

地震の際、名古屋で東京に帰れなくなったとの事。
又、私の同期入社の営業は気仙沼出張中で、他1名の方が「避難所」にいるとの事。
TOTOROさんのブログも拝見しましたが、本当に大変な事態になりました。

私は会社(大阪)に居たのですが、それですらサーバーが倒れて来るんじゃ無いかと、
とても不安になりました。生まれてはじめて地震を怖いと思いました。

今は物流に少し影響が出ていますが、1日も早い復興を願っております。


再生中はCCから日本語字幕を選べます
日本語訳はこちら
有名なスピーチですが、最近読んだ本を見るまで知りませんでした。(恥ずかしい)
アップルを設立し、そこをクビになり、ピクサーを設立し、アップルに返り咲く。

「"Stay hungry, Stay foolish."」

にとても感動を覚えました。

≪最近読んだ本≫

2011年2月27日

私のルール

ルール違反かも知れないし、マナーに反していると非難を浴びるかもしれない。

私は名刺に

役職

を印字しない。今までもそうしてきたし、たぶん今後も変わらない。

理由は対外的な取引先との交渉が多い中で、相手の本質(本音)が見たいから。

役職で態度を変える人は意外に多い。
又、自分の役職に異常なまでに拘っている人もチラホラ拝見する。
私は取引先では、まず事務員さんに最大の敬意を払う。

通販をやっていた頃は、出荷を担当して下さっているアウトソーシング先のパートさん、事務員さんに必ず自腹(身銭)で手土産を持っていく。領収書は切らない。

前職で学んだ事だが、どこにでも売っているお菓子は買わない。

自分自身が食べて「美味しい」と感じたもの、高価では無いが並ばないと買えないもの。
手渡す前に「うちの近所でやっている小さな店なんですが、ここの何々がとても美味しかったので・・・」
と話が出来るもの意外であれば、あえて手ぶらで行く。

嘘は付かない。出来ない事は出来ないと言う。

「断る勇気を持つ」

これも営業時代に先輩から教えられた言葉。
誠実でない言葉はヒトに感動は与えられない。

営業時代「薄っぺらな営業」と評価を受け続けた私自身が社会人経験の中で教わった事。

もちろん今でも、大差は無いかもしれない。
ただ本音でヒトと少しは向き合えるようになった気はしている。

値下交渉

私は「まけてください」とは絶対に言わない。
「赤字を切ってまで売ってください」とも絶対に言わない。
ただ結果だけ見れば今まで下がらなかったものまで、下がったりするから不思議だ。

今やっている案件は1円の単位を割り、10銭下げます。とか8銭下げます。の世界。
それでも年間で「百何万」変わってくるのだから・・・
なんで誰も手を付けなかったんだろう?


「社長さんはおられますか?」
最近流行りの電話アポ。
私からすればこの時点で論外。アホか?!

卑下する訳では無いが、たかだか40億ポッチの売上げの会社で、部長だの・・・課長だの・・・
何の意味があるんだろうか。

未来工業の社長の著書に書いてあったことの引用だが。

100億そこらの売上げで「ヒト・モノ・カネ・ジョウホウ」とか言ってる奴等の気が知れない。
我々にあるのは「ヒト」だけだ!と。

社内のゴタゴタ。聞きたくも無い話が、何故か毎日「耳」に届く。
聞いてしまった以上、スルー出来ない。

さぁ明日も吼えるぞ!

2011年2月 9日

初心

5年前に以前勤めていた会社を辞め、今の会社に入った。
まったく経験の無い異業種。上司は全員年下。

店舗での「研修」が始まった日。
自分には無理だと思った。

慣れない立ち仕事。
何をやって良いのかまったく分からない。
尋常じゃない忙しさ・・・

自分と一回りぐらい違うスタッフとどう接すれば良いのか?

3日目・・・もう辞めようと思った。

それでも甘えたことを言ってる場合じゃない!と。

3ヶ月目、体重は5kg落ちていた。

研修が終わりそのまま、その店の正式配属が決まった。
体はまだきつかったが、仕事の面白さと周りのスタッフに恵まれ意欲が沸いてきた。

半年目、立ち仕事にはすっかり慣れたものの体重は10kg落ちていた。

当時の会社に対して思ったことは。
「これだけスタッフが一生懸命働いていて、もっと給料貰ってもいいんじゃないか。」
「もっと収益を上げて、良い会社にしよう。」
「私はこの会社で年収をここまで引き上げる。」

何も知らず、何も分からず、勢いだけで語った言葉。

当時のアルバイトスタッフの男の子から、満面の笑みで、

「Dasaiさん、そんなのこの会社で絶対無理ですよ。」

もっともっとこの店で頑張ろう!と思った矢先。
本部への転属が決まった。

またゼロからのスタート。
新規事業を任され、意気揚々と本部へ出社した初日。

「そんな事業、今からやっても意味ないぞ!」

当時の課長が私に言った第一声。

「その事業になんか意味あるんですか?」

誰も何の指示も出してくれない。
やることは山ほどあるが何から手を付けて良いかわからない。
問題点は山積み。愚痴を言う相手も居ない。

新規事業自体は私の力不足で、結局親会社に吸収。

その後現在の部署が新設。
またゼロからのスタート。

続きを読む: 初心

2011年1月10日

顧客不満足度

N●Tという大手通信会社。

通話だけで勝負してたころはそうでも無かったんでしょうが。
今や時代はネット全盛。

光やらADSLやら、色々と取り組まれています。

んで、効率を求めた結果。
システムをガッチリと組み、コールセンターなるものを構築。

こちらとしては、何かある度にフリーダイヤルへ電話。
自動応答アナウンスを聞きながら、プッシュボタンを押す。

今では多くの企業が採用しているこのシステム。
規模と効率、該当部署へスムースに繋ぐ事で顧客満足度を高めようと言う狙いがあったのか。無かったのか分かりませんが。

イラっとします。

電話が繋がっても、専門的なことは一切分からない素人集団。
マニュアルに記載されていること以外を質問すると途端に答えられない。
社員さんなのか、外部委託なのか分かりませんが、会社への帰属意識も責任感もゼロなので、

責任のなすりあい

電話する度に出る人が違うから言うこともバラバラ。

とある店舗の光回線のプラン変更をしたんですが、、、

ユーザー情報が変わるのか変わらないのか?
モデムのIPが変わるのか?変わらないのか?

これだけの事で大騒ぎ。

店舗と本部でVPN組んでいる関係で、事前に情報が知りたかったのですが。

コールセンターのある人は変わります。
ある人は変わりません。

結局、システム会社に直接電話して貰って、結論から言えば。

「変わります」

という事に。

数日後、プラン変更後の契約情報が書面で届いたのですが。

内容変わってないし、、、




その後、テナントの管理会社から工事内容の詳細が知りたいという事で再度電話。

電話して、担当者が電話中なので、後から折り返すと言われ待つこと1時間。
再度催促をしたら、後から折り返すとの事。
トイレ行っている間に電話を頂いたらしく、●時過ぎにもう1回電話しますと伝言。

担当部署の電話番号は教えて貰えず。必ずコールセンターにかけてからの折り返し。
いつかかってくるかも分からない電話をひたすら待って無いといけないんです。

お客さんの顔見えてますかぁ?

って言いたくなります。
まぁそんな事言ってたらこういう規模の商売は出来ないんでしょうが。

追加で言うと、●時過ぎという時間と全然関係無い時間にかかってきました。
伝言の意味あんの?

私:「工事内容の詳細を教えて頂きたいのですが?」

サポセン:「は?いつも使ってる業者(下請け)です。」

私:「それで、その詳細が知りたいんです。」

サポセン:「・・・いつもの工事何ですが・・・」

私:「ですので、テナントに工事申請書を提出したんですが、その内容について聞かれてまして。」

サポセン:「・・・は?!・・・どうすれば言いんですか?」

私:「テナントの管理会社に直接電話して貰えますでしょうか。」

サポセン:「・・・取り合えず電話してみますが。はぁ?、、、」

私:「工事内容の詳細が分かる方から電話して貰えますか?あなたが電話しても、とんちんかんなダケですからっ!」

サポセン:「取り合えず電話してみます・・・ガチャっ、ツーツーツー」

過去何度かこちらの会社様とは、やり取りしていますが都度同じような事で、

イラっ

とさせられます。

個に頼りすぎる自分の会社を見てても、色々問題は起こりますし、限界も感じます。
逆にシステムをガチガチに固め、組織に頼りすぎる会社も?です。

難しいですね。
商売は。


2011年1月 1日

モヒカンを頭にのせるところ

最近、休みになると体調が崩れるという最低のリズム。


なんで?!


と思うぐらい体調が悪くなる。


勝つとか負けるとか・・・別に闘っている訳では無いので。

続きを読む: モヒカンを頭にのせるところ

2010年12月15日

実現力

「何かをこうしたい」

と思うことの中で、いったいどれだけの事が実現できるのでしょうか。

よく「会社が、、、」とか「誰々が、、、」とか言う話をしたり聞いたりする。

最近思うのは特に会社っていうものは実態が無いものだと感じている。

人と人が集まって、事務所を借りて銀行からお金を借りて事業を営む。
売り上げから仕入れを引いて、経費を引いた残りが利益。

限られた資源の中で優先順位を決め、如何に効率よく収益を上げるか。

利益が上がらなければ、給料が上がらないどころか事業そのものの継続が出来なくなる。

この「継続が出来なくなる」って、自分で事業をしている人以外は殆どの人は気がつかない。
今がずっと続くと思っている。

何が言いたいのかと言うと、給料を上げるのも下げるのも結果、その人次第。って事。
運命共同体の全員が最高のパフォーマンスを発揮して収益を上げるのが理想。

ルールを守れない人がいれば、マニュアルや規則を作る。
んで、その全てが、理由があって設けられていると言うこと。

マニュアル人間はダメ、マニュアル人間になりたくない

と言っている殆どの人はマニュアルに何が書いてあるのか知らない。
政治批判をしている人が政治を殆ど知らないことによく似ている。

個性を尊重して型にはまった人間を製造しても意味が無いということを言いたいのだと思うのですが、、、

何故かマニュアル人間はダメっていうマニュアルは非常に普及している。

政治がダメ、、、とか。
ネットがダメ、ゲームがダメ、、、とか。
有害漫画がダメ、、、とか。(個人的には賛成何ですが)

使い方が間違っている典型的な例だと思う。

最近、ドラッガーの例のベストセラーを読んで非常に面白いと思った。

結局は「人」なんだ。

ただ悲しいことに会社は「いい人」だけが集まる場所では無いし。
悪いことをした人を切り捨てるだけでは改善が出来ない。
続きを読む: 実現力

2010年10月27日

できないと笑う奴を笑え

まだそんな青臭い事言ってるの?
と笑われそうですが、TV見ててCMか何かで流れたフレーズにビビっとキテシマッタ。

先日、出張で鳥取に行ってきました。
旅行会社とのコラボ企画を進行中で、現地視察ってやつです。
101022_1419~002.jpg
お土産物屋さんに寄って、料理食べて鳥取砂丘に登り、あわくら温泉に入って帰って来ると言う強行スケジュールでしたが、思ったよりも全然料理も美味しく、懸念していた事項も概ねクリアできそうでしたので、GOサインで進めようと思います。
事前にネットでかなり情報収集もしていたのですが、聞くと見るでは大違いだと反省させられました。

朝、マクドナルドにて・・・

14番のコンビを注文し、トレーを受け取って喫煙室に。

灰皿を取ったまでは良かったんですが、紙ナプキンを1枚取ろうとした際、トレーに乗っけた灰皿を落とす。

朝の静かな喫煙室に流れる・・・

カッラァァ?ンコロンッ

と響き渡る乾いた音。
あわてて灰皿を拾おうとしたら、今度はコーヒーがトレーから落っこち。

ドッバァァァァンバシャ

と飛び散るコーヒーと共に湿った音。

思わず立ちすくしてしまいました。
周りのお客様にお詫びすると共に店員さんにコーヒーをこぼした事を告げ。

入れなおして頂いた新しいコーヒーを手に持ち、スタッフさんのモップ掛けが終わるまでの間。

生きた心地がしませんでした。

朝のくそ忙しい時間に粗相をした私のせいで出来た長蛇の列。
食べ終わって、カウンターが空くのを待って再度丁重にお詫びをして店を出てきましたが・・・

はぁ?何やってんだか。

2010年10月20日

え?!

会議後、入社当時お世話になった店長他数名と呑み。

ワイワイガヤガヤしてたら、あっと言う間に時間が過ぎ、やや遅めの帰宅。

駅を降りて家まで歩いている途中・・・

首を上下に振りながら、何か怒っている人を発見。
どうも、電話をしているらしくその相手に切れているようだ。

後ろから追い越し、ややスピードを緩め聞き耳を立てる私。

男性(40歳前後):「だからぁ?・・・なんでやねんっぅ!えーかげんにしてくれ!

男性:「あのな?!えーか?よく聞けよ・・・例えば











男性:「皆で西、向いて歩いてるのに・・・











男性:「に向かっていくようなことはホンマに辞めてくれ!迷惑やねん!






私:「(え?!そっ...そらっ?!東とかじゃないの?)」


何の例えか全く一切微塵も分かりませんでしたが。

一体、その人(電話の相手)は何をやらかしたんだろう?

と物凄く気になりました。

2010年9月 5日

ぼそっ!

仕事をしていると色んな発見があって面白い。
先日、マーケティングに関するセミナーに参加した。

有名な先生らしく、高齢でありながらフランクな喋りに引き寄せられてしまった。

「買い物難民」

という言葉に代表されるように、「効率」「利益」を追求した結果。
小売業という商売は殆どが大資本に呑み込まれてしまった。

70?80歳のお年寄りが、車を運転して大規模ショッピングモールに買い物に行く訳が無い。
これからは「絆」の時代です!と講師。

自分自身に置き換えてみれば、昔は足しげく通ったお気に入りのショップは無くなり。

ここ

と思う場所は「駅のキオスク」ぐらいで、欲しいものは殆どネットで購入している。

キオスクで言えば、自宅の最寄り駅のおばちゃんは、スローペースで段取りが悪く、いつもハラハラさせられるキャラ。
乗り継ぎ駅のおばちゃんは、可も無く不可もなく平均的なキャラ。
会社の最寄り駅のおばちゃんは、要領が良く「流石」と唸りたくなるような仕事っぷり。
何故か?3箇所全てのおばちゃんに顔を覚えられている。

駅のキオスクなんかは、正直どこでも一緒で大差は無いはずなんですが、売上に違いが出ているような気がする。
その内カリスマキオスクおばちゃんなんかが出てきたら...
って思ってググッたら。


さんってのがいるんですね。ビックリ!
どんな仕事でも一生懸命やることの素晴らしさ。
その仕事の中に「楽しさ」を発見できる素晴らしさ。

そのプロ根性にただただ脱帽するばかりです。

先日、メール(ネット)が悪いってのは、どうもしっくりこないという話を書きましたが。
続きを読む: ぼそっ!

2010年8月 3日

ウーパー逝く

アホロートルのウパ子が死んでしまった...

水温が27℃近くまで上がってしまい、水質も悪化していたから可哀想な事をしてしまったと思っている。

水槽が空いてしまったので、今は三男が夏休みに学校から預かってきたアメリカザリガニのザリ男さんが新しい住人になっている。


100805-154852.jpg


最近、電車に乗る時やエスカレーターに乗っている時に。
周りの人に不愉快な思いをさせているのか?

ドンっ!

とぶつかってこられる時がある。
殆ど携帯のゲームをやっているか、漫画を読んでいる事が多く殆ど周りの人を見ていない。

自分では何もしていないつもりなのだが、何か迷惑をかけているようだ。


仕事に関して...

企業として存続するためには利益が無ければ続ける事は出来ない。
中々回復の兆しが見られない経済状況からなのか?

取引先との仕事の中で。

それはアカンやろ?!

と感じる事が多くなってきた。

大きな看板を背負っている会社ですら、依頼した事がまともに出来ない。
2つお願いすると1つ忘れる。

間違えたから、やり直します。
やり直せばいいですよね。

と責任感の欠片も感じられない状態が続く。
激しく抗議し、改善します。申し訳ありません。
と謝罪を受けても、次の仕事で同じミスを繰り返す。

もう会社全体の体質としか思えない。
業績の悪化から、仕事量に対して人員不足を起こしているのか?
会社への帰属意識の低下から、適当に仕事をする社員が増えているのか?
急激な会社の成長に社員教育が追いついていない?

細かい原因は分からないが、どこかで何かがくるっている?

バブルがはじけて、政権が交代して何やかんやと政治への避難が高まっているが。
バブル全盛期ですら国の借金は増え続けていた訳だから、

見えていなかったものが、見えるようになってきた。
臭いものに蓋が出来なくなってきた。

というのが正解じゃないだろうか。

続きを読む: ウーパー逝く

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちWorkaholicカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはPCです。

次のカテゴリは[クワガタ]です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。