« 最近読んだ本 | ホーム | 最近読んだ本 »

2011年2月 9日

初心

5年前に以前勤めていた会社を辞め、今の会社に入った。
まったく経験の無い異業種。上司は全員年下。

店舗での「研修」が始まった日。
自分には無理だと思った。

慣れない立ち仕事。
何をやって良いのかまったく分からない。
尋常じゃない忙しさ・・・

自分と一回りぐらい違うスタッフとどう接すれば良いのか?

3日目・・・もう辞めようと思った。

それでも甘えたことを言ってる場合じゃない!と。

3ヶ月目、体重は5kg落ちていた。

研修が終わりそのまま、その店の正式配属が決まった。
体はまだきつかったが、仕事の面白さと周りのスタッフに恵まれ意欲が沸いてきた。

半年目、立ち仕事にはすっかり慣れたものの体重は10kg落ちていた。

当時の会社に対して思ったことは。
「これだけスタッフが一生懸命働いていて、もっと給料貰ってもいいんじゃないか。」
「もっと収益を上げて、良い会社にしよう。」
「私はこの会社で年収をここまで引き上げる。」

何も知らず、何も分からず、勢いだけで語った言葉。

当時のアルバイトスタッフの男の子から、満面の笑みで、

「Dasaiさん、そんなのこの会社で絶対無理ですよ。」

もっともっとこの店で頑張ろう!と思った矢先。
本部への転属が決まった。

またゼロからのスタート。
新規事業を任され、意気揚々と本部へ出社した初日。

「そんな事業、今からやっても意味ないぞ!」

当時の課長が私に言った第一声。

「その事業になんか意味あるんですか?」

誰も何の指示も出してくれない。
やることは山ほどあるが何から手を付けて良いかわからない。
問題点は山積み。愚痴を言う相手も居ない。

新規事業自体は私の力不足で、結局親会社に吸収。

その後現在の部署が新設。
またゼロからのスタート。

何やかんやと5年も経ってしまった。

未だ問題点は山積みで、前に進んでいるのかすら分からなくなる時がある。
ちょっとしたボタンの掛け違いから感情的になることも。

入社してからスタンスは変わっていないつもりでも、周りの反応はマチマチ。

とりあえず初心にかえろう。

このブログ記事について

このページは、dasaiが2011年2月 9日 14:49に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「最近読んだ本」です。

次のブログ記事は「最近読んだ本」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。