« レインボースネークヘッド | ホーム | 年賀状 2011 »

2010年12月15日

実現力

「何かをこうしたい」

と思うことの中で、いったいどれだけの事が実現できるのでしょうか。

よく「会社が、、、」とか「誰々が、、、」とか言う話をしたり聞いたりする。

最近思うのは特に会社っていうものは実態が無いものだと感じている。

人と人が集まって、事務所を借りて銀行からお金を借りて事業を営む。
売り上げから仕入れを引いて、経費を引いた残りが利益。

限られた資源の中で優先順位を決め、如何に効率よく収益を上げるか。

利益が上がらなければ、給料が上がらないどころか事業そのものの継続が出来なくなる。

この「継続が出来なくなる」って、自分で事業をしている人以外は殆どの人は気がつかない。
今がずっと続くと思っている。

何が言いたいのかと言うと、給料を上げるのも下げるのも結果、その人次第。って事。
運命共同体の全員が最高のパフォーマンスを発揮して収益を上げるのが理想。

ルールを守れない人がいれば、マニュアルや規則を作る。
んで、その全てが、理由があって設けられていると言うこと。

マニュアル人間はダメ、マニュアル人間になりたくない

と言っている殆どの人はマニュアルに何が書いてあるのか知らない。
政治批判をしている人が政治を殆ど知らないことによく似ている。

個性を尊重して型にはまった人間を製造しても意味が無いということを言いたいのだと思うのですが、、、

何故かマニュアル人間はダメっていうマニュアルは非常に普及している。

政治がダメ、、、とか。
ネットがダメ、ゲームがダメ、、、とか。
有害漫画がダメ、、、とか。(個人的には賛成何ですが)

使い方が間違っている典型的な例だと思う。

最近、ドラッガーの例のベストセラーを読んで非常に面白いと思った。

結局は「人」なんだ。

ただ悲しいことに会社は「いい人」だけが集まる場所では無いし。
悪いことをした人を切り捨てるだけでは改善が出来ない。
私もそうだったし、今もそうなのかも知れませんが。

自分で実現できない事を、誰かがやってくれると思っている人。
「こうすれば」良いのにという「こうすれば」の中身が無い人。
会社収益は度外視で、自分(個人)の収益は非常に敏感な人。
出来ない理由を考えるのが得意な人。
思考停止、自分でジャッジの出来ない人。
会社の役職が上がれば、偉くなれると思っている人。
スポットで物事を見て悪い部分だけを強調する人。
自分が出来ることや好きなことだけやって努力していると主張する人。
無理だと諦め考えることを辞めた人。
教えてもらっていないから出来ませんという人。
数字に弱い人、ロジックで物事を考えられない人。
態度がかわいくない人。人の意見を聞かない人。
何事にも真摯じゃない人。自己管理の出来ない人。

はサラリーマン道を追求するのが非常に困難だと思う。

このブログ記事について

このページは、dasaiが2010年12月15日 21:07に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「レインボースネークヘッド」です。

次のブログ記事は「年賀状 2011」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。