« 何がしたいんだか... | ホーム | Dietします! »

2010年8月 3日

ウーパー逝く

アホロートルのウパ子が死んでしまった...

水温が27℃近くまで上がってしまい、水質も悪化していたから可哀想な事をしてしまったと思っている。

水槽が空いてしまったので、今は三男が夏休みに学校から預かってきたアメリカザリガニのザリ男さんが新しい住人になっている。


100805-154852.jpg


最近、電車に乗る時やエスカレーターに乗っている時に。
周りの人に不愉快な思いをさせているのか?

ドンっ!

とぶつかってこられる時がある。
殆ど携帯のゲームをやっているか、漫画を読んでいる事が多く殆ど周りの人を見ていない。

自分では何もしていないつもりなのだが、何か迷惑をかけているようだ。


仕事に関して...

企業として存続するためには利益が無ければ続ける事は出来ない。
中々回復の兆しが見られない経済状況からなのか?

取引先との仕事の中で。

それはアカンやろ?!

と感じる事が多くなってきた。

大きな看板を背負っている会社ですら、依頼した事がまともに出来ない。
2つお願いすると1つ忘れる。

間違えたから、やり直します。
やり直せばいいですよね。

と責任感の欠片も感じられない状態が続く。
激しく抗議し、改善します。申し訳ありません。
と謝罪を受けても、次の仕事で同じミスを繰り返す。

もう会社全体の体質としか思えない。
業績の悪化から、仕事量に対して人員不足を起こしているのか?
会社への帰属意識の低下から、適当に仕事をする社員が増えているのか?
急激な会社の成長に社員教育が追いついていない?

細かい原因は分からないが、どこかで何かがくるっている?

バブルがはじけて、政権が交代して何やかんやと政治への避難が高まっているが。
バブル全盛期ですら国の借金は増え続けていた訳だから、

見えていなかったものが、見えるようになってきた。
臭いものに蓋が出来なくなってきた。

というのが正解じゃないだろうか。

又、インターネットに代表するITの劇的な進化によって。
溢れ出る情報に溺れてしまっている人も多い。

私ですら今から10年前の時点で、仕事関係のメール、個人のメール等で1日の受信メール数は100通を超えていた。
メーリングリストやサイト運営なんかを入れればMAXで200?300通ぐらいは受け取っていたと思う。

ペット業界に関して言えば、親会社を除いてアナログが今でも主流。
メール文化にはあれやこれやと理由を付けて否定的な意見も多い。

ここで溺れるというのは、目の前の情報の膨大さに思考をストップしてしまう人を指す。
1日1通ずつでも処理していけば、100通のメールでも100日あれば処理が出来る。

とにかく少しずつでも前に進めばその内何とかなるのだが、ストップする人は何日経とうが「0」のままなのである。

もうできない

と自分で決め込んでしまっている。

誰かが何とかしてくれる。
出来なくても仕方が無い。

で、後から付け足される出来ない「理由」を考える事には寸暇を惜しんで取り組んでいる。

もっとずるい人は、問題点も改善点もある程度見えているにも関わらず、自分の仕事の領域じゃないと変に割り切ってそのままずるずると進めて行く。
経営者も何となく気が付いていながら、「代わりがいないから。」と問題を先延ばしにする。

物事には色々な見方があり、これが正解というのは無いにしても。

幼少期に親や先生から教えて貰った「良い」「悪い」というシンプルな考えで行動出来ない大人があまりにも多いと感じる。

逆にしんどくない?

と余計な心配をしながら無駄に休日を過ごしている。

人生はOK牧場。
ま、楽にいこ!(*^∇^*)ノ

このブログ記事について

このページは、dasaiが2010年8月 3日 20:29に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「何がしたいんだか...」です。

次のブログ記事は「Dietします!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。